No image

相場について

家を買うには莫大なお金がかかります。しかし費用とはどのように決まるのか、注文住宅を建てるにあたって相場を考えるときは「広さ」「何階建てか」「地域」がポイントとなってきます。そして、建てられる家の傾向として、田舎の方が広くて安く家になり、都会の場合は狭くて高い家になってしまいがちです。それには理由があり、田舎の方が土地が広く条件に合う家が建てやすい、下請けが安い、建築においては延べ床が広いほど坪単価が安くなる傾向がある、都会では狭い土地が多く建築条件をクリアするには費用が掛かってしまう、3階建て住宅も一般的で建築に費用が掛かるのが理由です。

また、建設以外にも土地から買わなければならない方も少なからずいます。土地購入に当たっては住宅の建築費用以上に地域によって金額に差が生じます。土地の値段を決定するにはいくつかの要素があります。その町のイメージや利便性を重視し、環境に恵まれている地域性、土地の形状や形などの固有の特性、土地の流通性、売主の事情(早く売りたくて安く値段を設定したり)によって値段は左右されます。つまり土地と合わせて注文住宅を考えているのであれば、住宅本体と同等に土地も悩んで購入する必要があります。

No image

注文住宅の利点

注文住宅とは、すでに立ててある住宅を買うのではなくて客が注文し、それにあった家を作ってくれるオーダーメイドの家のことです。何十年か後の自分の老後のことを考えて家を設計することもできます。どのような家かはこちらの予算や希望の間取りや設備によって変わってくるのが特徴です。建蔽率のような規則にひっかからない範囲でさえあれば間取りや外壁までもが自由に決められます。そのため、たとえ小さな敷地であってもそれにぴったりな家を建てられます。

建材や設備まで自由に選べるのでこだわりたい部分にはこだわり、そうでない部分にはコストを抑えて作れます。しかし、すべて自分の希望で作れるとなってしまうとよい設備ばかりを選んでしまい、結果的には建売住宅よりも費用が高くなってしまいがちです。ただし、建売住宅とは違い完成した家を買うのではないので家の完成形を図面からしっかりとイメージできなければいけません。

せっかく大金をはたいて建てた家でもイメージとかけ離れていては満足度も半減してしまいます。そのため注文住宅を検討しているのであれば十分に時間をかけて検討するのがお勧めです。家を建てて後悔しないためにも家族としっかり相談しましょう。

No image

注文住宅ってなに?

物件を購入するとき、できている家を購入する方法に対して、注文住宅という手段があります。これは出来合いの物件を購入するのではなく、自分が希望する条件を様々な取り入れる事ができるため、理想的な家を作ってもらう事が可能になるのです。当サイトでは、この注文住宅に関するメリットや相場について紹介しています。

注文住宅のメリットはやはり、自身の希望を反映した物件を作ってもらえる店にあります。今どのような家が欲しいのかという事を考えて注文する事もできますが、老後の事を考慮して、バリアフリーにしたり、使い易い自宅にしたりするなど、あらゆる希望を取り入れる事が可能になっています。また、必要のない設備については省く事もできるため、コストを抑える事もできるのが注文住宅のメリットといえるでしょう。

物件を購入するには多額の費用がかかってしまいますが、注文住宅をするのであれば相場を把握する事も大切です。利便性の高い地域で物件を立てる場合、費用は高くなってしまいますが、田舎などの土地の安い場所で物件を立てる場合には、やはり相場は安くなります。ただ、注文住宅は、注文の仕方によってコストを大幅に下げる事ができるため、やり方次第で希望を取り入れつつ、安く家を建てる事ができるのです。打ち合わせがなんども必要となる注文ですが、理想の物件を建てたい方におすすめです。当サイトではこれらのような注文住宅に関する情報を紹介しているのでぜひ、チェックしてください。