注文住宅の利点

注文住宅とは、すでに立ててある住宅を買うのではなくて客が注文し、それにあった家を作ってくれるオーダーメイドの家のことです。何十年か後の自分の老後のことを考えて家を設計することもできます。どのような家かはこちらの予算や希望の間取りや設備によって変わってくるのが特徴です。建蔽率のような規則にひっかからない範囲でさえあれば間取りや外壁までもが自由に決められます。そのため、たとえ小さな敷地であってもそれにぴったりな家を建てられます。

建材や設備まで自由に選べるのでこだわりたい部分にはこだわり、そうでない部分にはコストを抑えて作れます。しかし、すべて自分の希望で作れるとなってしまうとよい設備ばかりを選んでしまい、結果的には建売住宅よりも費用が高くなってしまいがちです。ただし、建売住宅とは違い完成した家を買うのではないので家の完成形を図面からしっかりとイメージできなければいけません。

せっかく大金をはたいて建てた家でもイメージとかけ離れていては満足度も半減してしまいます。そのため注文住宅を検討しているのであれば十分に時間をかけて検討するのがお勧めです。家を建てて後悔しないためにも家族としっかり相談しましょう。